環境大臣表彰H18

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H18(株)びわこ銀行: 「環境銀行」による環境関連事業活動

(株)びわこ銀行: 「環境銀行」による環境関連事業活動

当行は、滋賀県を主な営業基盤としており、地元のお役に立つ「じぎん」づくりを目指し、「中小企業専門銀行」「住宅ローン銀行・預り資産銀行」「環境銀行」を掲げ事業展開しています。環境を銀行業務に取り入れるため、全国の金融機関に先駆けて「環境銀行」を標榜し、長年にわたる環境保全活動を土台に「エコ・リーダーバンク」を目指した環境経営に取り組んでいます。
《主な環境保全活動》
 〜びわこ銀行『STOP!地球の温暖化』2010プランの推進〜
 <温室効果ガス(CO2)排出量削減・推進、2010年削減目標56.8% (1990年比)>

金融商品を通じた環境関連事業活動
(事業者向け融資)
■環境サポートローン(5つのプラン)、ISOサポートローン
<新たな事業者向け融資の取り組み>
コベナンツ契約融資:企業の環境目標の達成状況により融資利率を変更する新しいタイプの融資を取り組みました。

(個人向け融資)
■エコライフプラン(住宅ローン、オートローン)
・金利優遇住宅ローン・・(太陽光発電、住宅性能表示制度利用、地産材利用など)
<エコ定期預金>
・顧客が身近な環境問題に関心を持っていただく、ユニークな定期預金です。
・預け入れの一定割合を銀行が負担して、毎年、環境保全活動を行う団体に寄付しています。
(1)「エコ&チャレンジ定期預金」(2006年9月まで取扱)
(2)「エコクリスタル定期預金」(2006年10月より開始)
    琵琶湖の透明度が改善していれば基準金利が2倍になる定期預金
  (横ばいまたは悪化の場合は、基準金利のまま)

自らの環境負荷軽減活動・・「3R活動+G(グリーン購入)」の推進
・チームマイナス6%(*)に参加。平成13年より「クールビズ・ノーネクタイ運動」を金融機関としては先駆的に実施、顧客にも推奨し地球温暖化防止に努めています。
・財団法人びわぎん緑と水の基金(平成4年設立)による苗木の寄贈は延べ11万5千本になります。
 (*)政府が推進する、京都議定書の目標を達成するための国民的プロジェクト

リサイクルペーパー贈呈式/3R活動、リサイクルペーパー1万ロール寄贈(左:頭取、右:県教育長)  ノーネクタイ/クールビス・ノーネクタイ運動
左:リサイクルペーパー贈呈式/3R活動、リサイクルペーパー1万ロール寄贈(左:頭取、右:県教育長)
右:ノーネクタイ/クールビス・ノーネクタイ運動

リサイクル工房/3R活動、びわぎん事務機器リサイクル工房  清掃活動/クリーンアップびわこ・清掃活動
左:リサイクル工房/3R活動、びわぎん事務機器リサイクル工房
右:清掃活動/クリーンアップびわこ・清掃活動

さらに詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください 。
びわこ銀行ウェブサイト/「環境のページ」

このページのトップへ