環境大臣表彰H18

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H18東京電力株式会社: 自社オフィスの省エネルギー・省資源への取り組み

東京電力株式会社: 自社オフィスの省エネルギー・省資源への取り組み

東京電力では従来から、支店・発電所など組織ごとに個別の省エネ目標を設定していましたが、エネルギー事業者として自らが一層積極的に取り組む必要があると考え、平成13年度、電気・水・ガソリン使用量・コピー用紙の4項目について17年度をターゲットとしたチャレンジングな全社目標を導入しました。


全社目標をふまえて各職場では、エネルギー使用状況調査や社員意識のアンケートなどで問題点の洗い出しを行いました。それらをもとに具体的な対策を検討し、省エネ行動の徹底と設備改修を進めていきました。
高い削減目標については当初社員も相当な戸惑いがあり、省エネ対策がかつてないレベルで遂行されるなかで、時には不満の声もあがりました。しかし、各職場において何度も議論を重ね、時には行過ぎを是正しながら、試行錯誤の中で徐々に省エネ・省資源を定着化させていきました。
その結果、平成17年度に平成12年度比で、事務所内電気使用量21%、生活用水使用量39%、走行距離当たりのガソリン使用量15%、コピー・プリンター用紙購入量27%を削減しました。一部の目標は達成できなかったものの、社員の環境に対する意識が高まり、その努力と成果は実績にも表れています。今後も、引き続き省エネ・省資源の努力を続けてまいります。









 

さらに詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください。
・東京電力ウェブサイト/東京電力の省エネ・省資源の取り組みをまとめたパンフレット(平成17年6月発行・PDFダウンロード可)
・東京電力ウェブサイト/受賞に関するプレスリリース

このページのトップへ