環境大臣表彰H18

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H18(社)神奈川トラック協会: エコドライブで本当に燃費はよくなるの?

(社)神奈川トラック協会: エコドライブで本当に燃費はよくなるの?

『エコドライブで本当に燃費はよくなるの?』このような事業者からの疑問にお応えするため、平成17年6月、関東運輸局並びに神奈川県と協力し、『運送事業における低公害車導入、エコドライブ実施状況調査』を実施しました。調査対象として、神奈川県トラック協会(※1)の会員事業者366社・24,112台の協力を得て情報収集し、燃費データ等(※2)の検証をしました。その結果、エコドライブの取組み方やドライバー教育によって大幅に燃費改善される事や、自動車から排出される有害物質の削減に繋がる事などがわかりました。この検証結果を会員事業者に対して広く広報したことから(H18.1月)、社内のエコドライブ教育に貢献できたのではないかと思います。
 また、平成18年5月には更に効果的なエコドライブ活動を検証するため、神奈川県・(株)あいおいリスクコンサルティング・(株)ティーエムピーと協力し、『神奈川県運輸版ESCOモデル事業』が始まり、モデル事業者として会員事業者5社が選ばれ、ドライバー教育のノウハウ蓄積や燃費・環境改善効果の把握、事業収支コストの試算などが検証されています。
※1,2)ページ下部に詳細リンク有り

毎月発行される広報紙  神奈川県運輸版ESCOモデル事業の出発式
左:毎月発行される広報紙
右:神奈川県運輸版ESCOモデル事業の出発式

《実体験型講習会》
神奈川県トラック協会では、会員向け講習会として、平成12年より一般道を使った実体験型のエコドライブ講習会を実施しています。この講習会、実際にトラック(4t車)を使用して、午前と午後同じコースを同じ条件で運転してもらい、普段の運転とエコドライブではどの位の燃費やCO2等が削減できるかといった事を体感できるものです。受講者は、約7時間の講習会終了後にエコドライブリーダーとして、事業所内でのエコドライブ普及に努めて頂いています。これまでに、延べ53回875名(※)のエコドライブリーダーが誕生しており、エコドライブ普及活動が幅広く浸透されてきているものと思います。
※)平成18年12月末現在の延総数(表彰対象時点数 41回 501名)

講習会で使用するトラック  座学による講習風景
左:講習会で使用するトラック
右:座学による講習風景

エコドライブ実践中  エコドライブな仲間たち
左:エコドライブ実践中
右:エコドライブな仲間たち

さらに詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください。
神奈川県トラック協会ウェブサイト
神奈川県トラック協会ウェブサイト/燃費データ掲載ページ

このページのトップへ