環境大臣表彰H18

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H18トマス技術研究所・(有)琉球動力・(株)大成電機製作所: 高性能中型焼却炉設備等の省エネルギー・省資源化・廃棄物再利用技術の開発・製品化事業

トマス技術研究所・(有)琉球動力・(株)大成電機製作所: 高性能中型焼却炉設備等の省エネルギー・省資源化・廃棄物再利用技術の開発・製品化事業

焼却炉の燃焼技術をもつトマス技術研究所(沖縄県西原町)、自動投入装置の開発技術を持つ(有)琉球動力(沖縄県沖縄市)、自動制御盤の加工技術・運転作業のプログラム技術を持つ大成電機製作所は、平成17年経済産業省「異分野新連携事業」に認定され、「技術を通した環境改善」の理念のもと、環境を良くするため、環境に関連する新商品の開発、製造を行っている組織です。その3社連携体にて、地球温暖化防止の観点に基づき以下の技術開発を目的として研究開発し、高性能中型焼却炉設備の開発活動を行いました。
 (1)省エネルギー省資源化、廃棄物再利用化技術の開発及び製品化
 (2)温室効果ガスの適正処理の開発及び製品化
当該中型焼却炉設備の燃料である廃油・廃食油をリサイクル燃料として再利用するため、熱源を焼却炉の廃熱をサーマルリサイクル化(廃熱利用)して、省エネルギー効果を及ぼすとともに、ごみ焼却熱の利用と、地球温暖化ガスの一つであるフロンガスを適正に破壊でき、破壊後に発生する有害ガスを除去できる技術開発によって、多種・多様なごみ種に対応でき、コンパクトな完全自動型高性能中型焼却炉設備の開発に成功しました。
トマス技術研究所では、すでに小型焼却炉でタイヤを燃やしても煙が出ない無公害技術を完成していたため(「CHIRIMESER チリメーサー」第28回沖縄の産業まつり、特許・実用新案の部、県知事賞最優秀賞受賞製品)、それを応用しての今回の開発製品、高性能中型焼却炉設備においても、第30回沖縄の産業まつり、特許・実用新案の部、県知事賞最優秀賞受賞、また今回の環境大臣表彰受賞に至りました。
県内外の産廃業者、小規模自治体、ホテル、病院などの幅広い需要を見込んでいます。
今回の開発製品に留まることなく、環境に関する技術開発を行い製品化することによって、地球温暖化抑制に大きく寄与できるよう日々研究を重ねていきたいと思います。



 
「高性能中型焼却設備」
サーマルリサイクル技術を応用した廃油・廃食油を燃料とする完全自動型高性能中型焼却設備


さらに詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください。
・トマス技術研究所
・(独)中小企業基盤整備機構 中小企業ビジネス支援サイト
・各社の活動内容説明(PDF)PDF

このページのトップへ