環境大臣表彰H18

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H18東京電力(株)/富士重工業(株)/NECラミリオンエナジー: 電気自動車(R1e)と急速充電器の共同開発

東京電力(株)/富士重工業(株)/NECラミリオンエナジー: 電気自動車(R1e)と急速充電器の共同開発

運輸分野における省エネルギーとCO2排出量削減を目指して電気自動車(R1e)と急速充電器の開発を行いました。

1.開発の概要
・急速な充放電ができる高密度で長寿命なリチウムイオン電池の開発
・この電池を搭載したコンパクトで高性能な電気自動車「R1e」の開発
・高価な電池を大量に搭載しなくても短時間(15分で80%の充電が可能)で補充電し利便性を向上させる急速充電器の開発

2.実証試験の状況と今後の目標
・東京電力の支社等に開発車10台を配置し、日常業務における路上走行試験等を通じて性能や経済性を検証中です。
・実証試験の結果を踏まえて、約3,000台を東京電力に導入することを目指しています。

3.期待される効果[約3,000台(*1)の東京電力業務車をR1eに置き換えた場合]
・CO2排出量削減効果:約2,817t-CO2/年(一般家庭約500世帯が年間に排出するCO2排出量に相当)
・燃費削減効果:約2億円/年
(*1)1台当たりの年間走行距離:10,000km

今後も引き続き、電気自動車の開発、そして普及促進を通じて、地球温暖化防止に積極的に取り組んでまいります。
詳しくは、ページ下部にある各ウェブサイトをご覧ください。

開発した電気自動車(R1e)と急速充電器  急速充電器から充電するとき(15分で80%の充電が可能)
左:開発した電気自動車(R1e)と急速充電器
右:急速充電器から充電するとき(15分で80%の充電が可能)

コンセントから充電するとき  業務使用における実証試験走行
左:コンセントから充電するとき
右:業務使用における実証試験走行

開発したリチウムイオン電池(左:放熱性に優れているラミネート型セル / 右:モジュール)
開発したリチウムイオン電池(左:放熱性に優れているラミネート型セル / 右:モジュール)

搭載されているリチウムイオン電池の性能
搭載されているリチウムイオン電池の性能

さらに詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください
・富士重工業株式会社
    環境大臣表彰受賞について(PDF形式)PDF
  環境実証実験状況について(PDF形式)PDF 
NECラミリオンエナジー株式会社
東京電力株式会社

このページのトップへ