環境大臣表彰H18

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H18(株)伊藤園:茶殻リサイクルシステム

(株)伊藤園:茶殻リサイクルシステム

「お〜いお茶」や「お〜いお茶 濃い味」などの緑茶飲料の伸びとともに茶殻の排出量が年々増加しています。伊藤園では、茶殻のほとんどを堆肥や飼料などに有効活用しています。茶殻には茶ポリフェノール(カテキン)など多くの有用成分が残存しているため、それら有用成分を有効利用することが考えられますが、茶殻は多量の水分(水分率:約85%〜95%)を含み、温度が高いため腐敗しやすいなどの欠点があります。腐敗しやすい茶殻を有効利用するためには、排出直後の茶殻を乾燥させ、製品化工場に輸送する方法が考えられます。しかし、多量の水分を含む茶殻を乾燥させると、乾燥燃料の消費とそれに伴う二酸化炭素の発生問題などが生じ、環境に悪影響を及ぼす場合があります。
伊藤園は、上記課題を克服し、茶殻の事前乾燥を必要とせず、含水茶殻を飲料工場から製品化工場(ボード工場、樹脂工場、せっこうボード工場など)に輸送する技術、各製品化工場にて含水茶殻を保管し、そのまま利用する技術開発に成功しました。これら茶殻の輸送・保管・再利用技術は、茶殻の事前乾燥に使用する燃料が不必要となり、それに伴う二酸化炭素発生抑制が可能になるなど多くのメリットがあります。
伊藤園は、有用成分(カテキンなど)を含み、抗菌・消臭効果のある茶殻を皆様の生活空間に有効利用することを考え、茶配合ボード、茶配合樹脂(日本油脂(株)と共同開発)、お茶入りせっこうボード(チヨダウーテ(株)と共同開発)が誕生しました。これら茶殻配合製品を加工して、お茶入り畳((株)北一商店と共同開発)、お茶入りベンチ(中央化学(株)と共同開発)、お茶入りボールペン(ゼブラ(株)と共同開発)、環境配慮型自販機などの「お茶入り製品」を市場展開しています。このように、茶殻を含水のまま再利用して、お客様の身の回りの商品に有効活用し、かつ地球温暖化防止に取り組む技術が「茶殻リサイクルシステム」です。 

畳施工事例(江戸前すし「百萬石」(千葉県)、施工:森登志夫畳店(千葉県))    石膏ボード施工事例(伊藤園静岡相良工場事務所棟)
左:畳施工事例(江戸前すし「百萬石」(千葉県)、施工:森登志夫畳店(千葉県))
右:石膏ボード施工事例(伊藤園静岡相良工場事務所棟)


お茶入りベンチ  お茶入りボールペン
左:お茶入りベンチ
右:お茶入りボールペン


環境配慮型自販機(世界遺産「総本山醍醐寺」(京都市伏見区))  樹脂製品写真(ゴミ箱(左)、洗面器・石鹸箱(右)、ボールペン・ペン立て(中央))
左:環境配慮型自販機(世界遺産「総本山醍醐寺」(京都市伏見区))
右:樹脂製品写真(ゴミ箱(左)、洗面器・石鹸箱(右)、ボールペン・ペン立て(中央))


さらに詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください

このページのトップへ