目 次 ダウンロード
「PDFファイル」を見るためには
「アクロバットリーダー」が必要だよ。

うまく見られないときには、パソコンにこのソフトが
入っていないかもしれないのでパソコンにくわしい人に聞いてね。


※パソコンにくわしい人はこちら→
 


地球をつつんでいる大気には温室効果(おんしつこうか)ガスといって、太陽からふり注いでくる光によってあたためられた地球から宇宙(うちゅう)にむかって放射(ほうしゃ)される熱(ねつ)の一部を吸収(きゅうしゅう)して地球に向かって再放射(さいほうしゃ)することによって地球の温度を人間が生活しやすい温度にしてくれているガスがふくまれているんだ。
このガスがないと地球はとても寒くなって、生き物が死んでしまうんだよ。でも、温室効果ガスは増えすぎると地球をあたたかくしすぎてしまうんだ。これが地球温暖化だよ。

温室効果ガスにはいろいろあるんだけれど、地球温暖化に一番大きなえいきょうをおよぼしているのは二酸化炭素(にさんかたんそ)のふえすぎなんだ。

その二酸化炭素は、石油、石炭、天然(てんねん)ガスなど地中からほり出した化石燃料(かせきねんりょう)をもやす時、空気中に大量(たいりょう)に出る。燃やせば燃やすほど、二酸化炭素が大気中にふえて、地球をどんどんあたたかくしてしまうんだ。

ぼく達の生活の中では、ものがもえているのを見ることはほとんどないよね。
でも実は、自動車や飛行機(ひこうき)を動かすためにも、電気を作るためにも、石油や石炭、天然ガスなどをもやしているんだ。ぼくたちがいつも使っているものにも、これらをもやして作っているものがいっぱいあるんだよ。

トップへ戻る
 


地球の気温が上がると、南極(なんきょく)の氷や氷河(ひょうが)がとけたりして、海の水がふえる。低い土地や小さい島は海にしずむかもしれないんだよ!
日本でも海の水が1m上昇すると、海水浴(かいすいよく)でよく行く砂浜の90%くらいがなくなってしまうんだ。

それに洪水(こうずい)やかんばつなどの災害(さいがい)がふえるって言われているよ。日本では集中豪雨(しゅうちゅうごうう)がふえたり、お米などの農作物(のうさくもつ)が今までと同じようには育たなくなったり、今までにはいなかった害虫(がいちゅう)のひがいがふえることも心配されているんだ。



マラリアのような、今は熱帯(ねったい)地方の病気も日本で発生するかもしれないって言われているんだ。

トップへ戻る
 


すでに南極(なんきょく)の氷や高い山の氷河がとけ始めているのがかんそくされているんだ。北極海の氷も少なくなってきている。ホッキョクグマの生息地やサンゴにも悪いえいきょうが出ているらしい。

それに最近は異常気象(いじょうきしょう)とよばれるげんしょうがとても多い。豪雨や暴風雨(ぼうふうう)、洪水やかんばつ。これらが世界中でしんこくなひがいを起こしているんだ。日本でも強い台風がたくさん発生したりして、農作物に大きなひがいが出ているんだよ。

20世紀中の100年間に地球全体のへいきんで約0.6℃気温が上がったとほうこくされているし、今のままでは100年後には1.4〜5.8℃も温度が上がると、科学者たちは予そくしているんだ。

トップへ戻る
 


地球の温暖化をできるだけくい止めるために、みんなが地球のことを考えなければね。

地球温暖化の原因(げんいん)は石油などをいっぱいもやすことによって起こる事がわかっただろう?電気などのエネルギーのむだづかいに気をつけることが大切なんだ。

たとえば、だれもいないへやの電気や見ていないテレビのつけっぱなし。れいぞうこの開けっぱなしは電気のむだづかいだよ。

それに、ちょっとのきょりを自動車に乗っていったり、まだ使えるものをすてて新しいものを買ったりするのもエネルギーのむだづかいいになるよ。

ごみもいっぱい出したら、そのごみをもやす時に二酸化炭素を出すことになるから、新しいせいひんに作りかえられるものは、ごみとはべつに回しゅうしてもらって、すてないようにしよう。これはリサイクルっていうんだ。

木などの植物は二酸化炭素を吸収してくれるので、緑を大切にして育てよう。

トップへ戻る
 
地球温暖化の基礎知識
「JCCCA Web 全国地球温暖化防止活動推進センター」のページに行くよ。
 
 
トップへ戻る
 
(C) 2006 Japan Center for Climate Change Actions, All Rights Reserved.