JCCCAからのお知らせ

HomeJCCCAからのお知らせ「地域におけるCOOL CHOICE国民運動の認知・実践状況に関する調査年次レポート」を作成しました

「地域におけるCOOL CHOICE国民運動の認知・実践状況に関する調査年次レポート」を作成しました

日本政府は、2030年度に温室効果ガス排出量を26%削減(2013年度比)することを目標として掲げており、この目標を達成するために、「COOL CHOICE」国民運動が推進されています。「COOL CHOICE」とは、低炭素型製品への買換え、サービスの利用、ライフスタイルの選択など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促していこうという取組みです。

この度、地域地球温暖化防止活動推進センターの協力を得て、地域での「COOL CHOICE」国民運動の認知・実践状況に関する調査を実施しました。その結果、各取組みの認知や実践状況に、回答者の年齢や家族構成等に対応した傾向が見られることがわかりました。

詳しくは下記PDFをご覧ください。

平成29年度地域におけるCOOL CHOICE国民運動の認知・実践状況に関する調査年次レポート(PDF)
ダウンロードはこちら

このページのトップへ