イベント情報

Homeイベント情報モントリオール議定書採択30周年及びHFC改正採択記念シンポジウム ~地球のために、フロン対策~

[東京]

モントリオール議定書採択30周年及びHFC改正採択記念シンポジウム ~地球のために、フロン対策~

  フロンは、エアコン、冷蔵・冷凍庫の冷媒や、建物の断熱材、スプレーの噴射剤など、身の回りのさまざまな用途に使われていますが、地球環境に対して二つの影響をもたらすことがわかっています。
  一つは、オゾン層の破壊です。オゾン層の保護に世界全体で取り組むため、CFC(クロロフルオロカーボン)、HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)などのオゾン層破壊をもたらすフロンなどを規制するためのモントリオール議定書が1987年に採択され、今年で30周年を迎えます。1980年代以降に拡大した南極のオゾンホールの拡大傾向がみられなくなるなど、一定の成果をあげていますが、依然として深刻な状況にあり、引き続き対策が必要です。
  もう一つは地球温暖化への影響です。CFCやHCFCの代替フロンとして、HFC(ハイドロフルオロカーボン)が広く使われるようになりましたが、HFCはオゾン層破壊物質ではない一方で、地球温暖化をもたらします。このため、HFCをモントリオール議定書の対象物質に加える改正(HFC改正)が2016年10月に採択され、地球温暖化防止の観点から、フロン対策を加速する必要があります。
  モントリオール議定書採択30 周年とHFC 改正を記念した本シンポジウムでは、有識者による講演やパネルディスカッションなどを通じて、フロン対策の重要性について理解を深めたいと思います。

【日  時】2017年6月17日(土)10:00~15:00(開場9:30)

【場  所】国連大学 ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)

【定  員】300名(要申込)

【参加費】無料

【主  催】環境省

【事務局】株式会社三菱総合研究所

プログラム詳細や参加申込については、こちらのホームページをご覧ください。

このページのトップへ