タ行

Home温暖化用語集タ行太陽電池(たいようでんち)

太陽電池(たいようでんち)

半導体素子により太陽光エネルギーを電気に変換する装置。太陽光発電。通常、受光面にはシリコンの単結晶、多結晶あるいはアモルファスを用いる。まだコストが高いが、レジャー用のほか、補助金制度などにより家庭用の太陽電池も普及し始めている。太陽熱は通常発電には利用されず、ソーラーシステムなどの熱利用装置が商品化されている。

このページのトップへ