ハ行

Home温暖化用語集ハ行発泡剤(はっぽうざい)

発泡剤(はっぽうざい)

冷蔵庫などのプラスチック系断熱材の気泡を形成するために用いられるガス。従来はCFC-11や-12が使われてきたが、現在はHCFC、HFCに切り替えられている。断熱材を使った家電製品の廃棄に際し、発泡剤が大気中に放出され、温室効果を高めることが問題となっている。

このページのトップへ