事業内容

HomeJCCCAについて事業内容東日本大震災に伴う電力不足に対応するための 家庭ですぐ出来る 夏の節電21

東日本大震災に伴う電力不足に対応するための 家庭ですぐ出来る 夏の節電21

東日本大震災に伴う電力不足に対応するための 家庭ですぐ出来る 夏の節電21

このリストの前提について

  • ・夏期における対策を中心にしています。
  • ・朝と晩の家庭での電力使用ピークを抑えることを主目的としています。
  • ・極度のがまんをせず、継続的に取り組める項目を中心にしています。
  • ・そのほか、効果の高い対策を加えています。
  • ・高い投資をせずに取り組める項目を選定しています。
  •  
対象
分野
No.
対策
屋外
遮熱・
断熱等
1
窓に空気層のある断熱シートを貼る(もしくは内窓を設置する)
2
部屋の外によしず、すだれを設置する
3
お風呂の残り湯で朝夕に打ち水をする
リビング
冷房
4
扇風機・うちわなどを活用する
5
冷房の温度設定を28℃にする
6
冷房時にカーテンやブラインドを閉める
7
冷房時に家族がいっしょの部屋で過ごす
8
エアコンのフィルターを掃除する(月2回程度)
9
冷房を使う時間をできるだけ短くする(就寝前1時間はオフなど)
10
冷房時に部屋のドアやふすまを閉め、冷房範囲を小さくする
照明
11
白熱電球を電球型蛍光灯やLED電球に交換する
12
照明を使う時間を可能なかぎり短くする
テレビ
13
テレビを見る時間を少なくする(つけっぱなしにせず、見る番組を絞るなど)
14
テレビの画面を明るすぎないように調整する
台所
保温
15
電気ポットの保温をやめる
調理
16
炊飯ジャーの保温をやめる
冷蔵
17
冷蔵庫を壁から適切な距離を離し、周りや上にものを置かない
18
冷蔵庫の温度設定を強から中にする
19
冷蔵庫を整理し、開ける時間を短くする
洗濯
乾燥
20
衣類乾燥機や洗濯機の乾燥機能を使わない
その他
待機電力
21
電気機器は使い終わったらプラグを抜くか電源タップを切り、待機電力を減らす

リストの使用について

節電や地球温暖化問題についての広報・啓発で利用していただくためにご利用いただけます。
原則として、商業目的の利用は認めません。
※DVD・ビデオ・新聞・テレビ等への利用は、全国地球温暖化防止活動推進センターにご連絡ください。

リストのダウンロードについて

印刷用のPDFファイルのダウンロードはこちら

参考

環境省ホームページ「家庭でできる節電、7つのポイント」
http://www.challenge25.go.jp/setsuden/

冬の節電21はこちら

http://www.jccca.org/about/works/setuden21_winter.html

バナーはこちら…

当ページのリンクに際して、よろしければ下のバナーをお使いください。

節電バナー(147×34)
(147×34)
節電バナー
(200x65)

このページのトップへ