事業内容

HomeJCCCAについて事業内容家庭ですぐ出来る冬の取組み21

家庭ですぐ出来る冬の取組み21

節電<節エネ=節CO2とは?

暖房利用が高まる冬。エアコンの暖房利用などを抑える「節電」の代わりに、ガスストーブや灯油ストーブ等の暖房機器を使う・・・ではなく、節電を節エネの一部として捉え、電気のみならずエネルギー全体の消費を抑えることによる「節CO2ライフスタイル」への転換を提案しています。

 

東日本大震災に伴う電力不足に対応するための 家庭ですぐ出来る 冬の取組み21

このリストの前提について

  • ・冬期における対策を中心にしています。
  • ・電力だけでなく総合的にエネルギーを抑えることを主目的としています。
  • ・家庭の二酸化炭素の排出割合を元に作成しています。
  • ・家の中の熱を逃がさない対策のほか、効果の高い対策を加えています。
  • ・極度のがまんをせず、継続的に取り組める項目を中心にしています。
  • ・改築やリフォームなどの高い投資をせずに取り組める項目を選定しています。
  •  
対象
分野
No.
対策
屋内
全般
断熱等
1
窓に空気層のある断熱シートを貼る
2
暖房時にカーテンやブラインドを閉める
3
床に断熱シートやカーペットを敷く
4
すき間テープなどを活用してすき間風を防ぐ
衣類等
5
重ね着などによりあたたかくする
6
湯たんぽ、ひざかけなどを活用する
リビング
暖房
7
寒冷地以外の地域では、ストーブ・ファンヒーターではなくエアコンで暖房する
8
室温を低めにし、こたつや電気カーペットなど効率のよい部分暖房を活用する
9
暖房時に部屋のドアやふすまを閉め、暖房範囲を小さくする
10
暖房の温度設定を控えめ(目安は20℃)にする
11
扇風機などを使い、天井付近の温かい空気を室内に循環させる
12
暖房の使用時間を可能なかぎり短くする(外出30分前に消すなど)
照明
13
照明を使う時間を可能なかぎり短くする
テレビ
14
テレビを見る時間を少なくする(つけっぱなしにしない、見る番組を絞る)
台所
保温
15
電気ポットや炊飯ジャー保温をやめる
炊事
16
圧力鍋などの活用により調理時間を短くする
17
食器洗いでお湯を出しっぱなしにしない
お風呂
お風呂
18
節水シャワーヘッドを取り付け、使うお湯の量を減らす
19
家族が続けて入り風呂の追い炊きをしない
トイレ
便座
20
保温便座の温度設定を下げ、使わないときには保温便座のふたを閉める
外出
21
エコドライブを実践する

 

リストの使用について

節電や地球温暖化問題についての広報・啓発で利用していただくためにご利用いただけます。
原則として、商業目的の利用は認めません。
※DVD・ビデオ・新聞・テレビ等への利用は、全国地球温暖化防止活動推進センターにご連絡ください。

リストのダウンロードについて

節電や地球温暖化問題についての広報・啓発で利用していただくためにご利用いただけます。

参考

環境省ホームページ「家庭でできる節電、7つのポイント」
http://www.challenge25.go.jp/setsuden/

アーカイブ

 

バナーはこちら…

当ページのリンクに際して、よろしければ下のバナーをお使いください。

節電バナー(147×34)
(147×34)
節電バナー
(200x65)

このページのトップへ