地域協同実施排出抑制対策推進モデル事業

HomeJCCCAについてこれまでの事業内容地域協同実施排出抑制対策推進モデル事業おきなわ版クレッドシステム開発による実行重視の地域炭素削減事業

おきなわ版クレッドシステム開発による実行重視の地域炭素削減事業

事業名

おきなわ版クレッドシステム開発による実行重視の地域炭素削減事業

事業概要

・英国で開発され、地域レベルでの炭素削減プログラムとして実績を上げているクレッドの日本語版開発を進めた。
・クレッドを活用した普及啓発により、地域の実践活動を促進させた。
・クレッドを利用すべく参加者のモニタリングを行うとともに、事業全体の取組みによるCO2排出量の定量的評価を行った。

報告概要

(1) CO2削減の目標設定と実際の削減量

(2) 削減の手法

6つの宣言項目を中心に52の取組を設定し、個人・学校・事業者で対策を実施
・使っていない電化製品はプラグからOFF
・電球型蛍光灯を3個設置する
・冷房は28度、暖房は20度に設定する
・掃除機をかける前に部屋を片付ける
・お風呂の水はこまめに止める
・急発進・急加速・急ブレーキをやめてエコドライブ

(3) 自己の事業活動に対する課題と評価
クレッドシステム→知的財産問題で開発遅延、継続を交渉中
広域的な取り組みの難しさ→特定地域で集中的取り組みの必要性
家計の節約が主なインセンティブ→魅力に欠ける?ゲーム性が重要
広報強化の必要性
地元企業との協働強化が継続的活動の鍵

団体名

財団法人沖縄県公衆衛生協会

連絡先

沖縄県島尻郡 大里村字大里2013(〒901-1202)

このページのトップへ