地域協同実施排出抑制対策推進モデル事業

HomeJCCCAについてこれまでの事業内容地域協同実施排出抑制対策推進モデル事業鹿児島地域における事業所版ESCO事業および省エネライフ支援サービス

鹿児島地域における事業所版ESCO事業および省エネライフ支援サービス

事業名

鹿児島地域における事業所版ESCO事業および省エネライフ支援サービス

事業概要

鹿児島地域において、事業所や一般家庭の空調設備に簡易デマンド型エネルギー管理ナビを設置し、デマンド制御を行うことにより消費エネルギーの削減に伴い 生じる環境利益(光熱費の削減)の一部を還元する事業所版ESCOを実施し、そのノウハウをマニュアル化することにより、普及を目指した。

報告概要

(1)CO2削減の目標設定と実際の削減量

  目標値 実際の削減量
家庭用4ヵ所 電力削減量 1,676kWh 1,017kWh
業務用4ヵ所 電力削減量 28,432kWh 18,954kWh
電力削減量の総計 30,108kWh 19,971kWh
CO2削減量 11,380kg-CO2 7,549kg-CO2


(2)削減の手法
簡易型エネルギー管理ナビによるデマンド・コントロール(エネルギー消費量、料金を計測、表示、家電機器運転コントロール等)技術を広く普及し、市民・事 業者に省エネ情報やサービスを提供するDSMを実施することにより、コスト意識の向上を契機とした省エネルギー行動の具現化を定着・継続させることができ ます。また、商工会議所、自治体、エネルギー供給事業者との連携を図ることにより、地域の活性化につながるコミュニテイビジネスとしての可能性、および 「さくらじま基金」 (グリーンファンド)の創設による学校や地域コミュニテイにおける環境・エネルギー教育支援等、脱温暖化社会に向けた地域づくりに貢献できます。

(3)自己の事業活動に対する課題と評価
今回は環境省の助成制度を活用することにより、簡易デマンド型エネルギー管理ナビを家庭用4台、事業所用4台をレンタルでき、実際に空調機器の消費電力量を削減することが確認できた。しかしながら、今後、鹿児島市内の事業所・家庭に順次設置するためには原資が必要となってくる。
今後は鹿児島市の環境部局と協議しながら、各省庁の助成制度を利活用しながら、事業を進めていくとともに、事業型NPOとしての独立性を保ち、対等なパートナーでいるための必要な自律化戦略を構築する必要がある。具体的には、1)経営資源の依存を多角化する、2)寄付者、会員や支持者を増大させる、3)地域での知名度・信頼を得ること、4)専門性の高さ、5)交渉能力などが課題としてあげられる。

団体名

かごしま市民環境会議

連絡先

鹿児島県鹿児島市西伊敷3-42-1(〒890-0002)

このページのトップへ