地域協同実施排出抑制対策推進モデル事業

HomeJCCCAについてこれまでの事業内容地域協同実施排出抑制対策推進モデル事業グリーン熱証書等を利用した自然エネルギー熱利用の拡大

グリーン熱証書等を利用した自然エネルギー熱利用の拡大

事業名

グリーン熱証書等を利用した自然エネルギー熱利用の拡大

事業概要

東京都において、自然エネルギーを活用して生産した熱の環境価値を評価する"グリーン熱証書"の取引スキームを構築し、太陽熱利用等について熱証書の発行を行い、そのノウハウをマニュアル化することにより、自然エネルギー熱利用の普及を目指ざした。

報告概要

(1)CO2削減の目標設定と実際の削減量
目標設定 -2005年度:二酸化炭素81,104kg
実際の削減量 -2005年度:二酸化炭素39,456kg 

(2)削減の手法
グリーン熱証書を発行するための熱源を特定し、グリーン熱証書を引き出すためのID番号とパスワードが記載されたグリーン熱パスポートを配布し、WEB上にて証書を発行するシステムを用いて市民の利用する化石燃料の削減を行った。

(3)自己の事業活動に対する課題と評価
東京都で太陽熱温水器によるグリーン熱証書を利用したスキームを作るとともに、他の地方公共団体とも連携し、例えば木質バイオマスからの熱とグリーン熱証 書を組み合わせたスキームなども検討した。これらの具体的手法を提示し本事業による二酸化炭素の削減評価を行った。これをさらに各自治体などへ面的に広げ ていくことで、グリーン熱証書を通じたCO2削減の有効性は、高いと判断できる。

  2005年度実績 パイロット事業(短期) 中期  長期
東京都 15t-CO2 81t-CO2         9,500t-CO2 2,474千-CO2
岩手県 25t-CO2 287t-CO2 1,650t-CO2
全国 -  23,883千t-CO2

団体名

NPO法人 環境エネルギー政策研究所

連絡先

東京都中野区中野4-7-3(〒164-0001)

このページのトップへ