地域協同実施排出抑制対策推進モデル事業

HomeJCCCAについてこれまでの事業内容地域協同実施排出抑制対策推進モデル事業海上コンテナ輸送のマッチング率を高めるためのインテリジェント・コンテナ及びコンテナ拠点のビジュアル化推進事業

海上コンテナ輸送のマッチング率を高めるためのインテリジェント・コンテナ及びコンテナ拠点のビジュアル化推進事業

事業名

  • 海上コンテナ輸送のマッチング率を高めるためのインテリジェント・コンテナ及びコンテナ拠点のビジュアル化推進事業

事業概要

  • 海上コンテナの陸上での位置や積荷状況を把握するIT技術を活用し、1)輸入と輸出に際して空の状態で陸上輸送されているコンテナを、同方向の目的地に積 荷を輸送したい荷主にマッチングさせて、空コンテナの有効活用を促すとともに、2)コンテナ拠点でのコンテナ搬出入トラックの集中渋滞を緩和する情報シス テムを構築し、そのノウハウをマニュアル化することにより、普及を目指した。

報告概要

  • (1)CO2削減の目標設定と実際の削減量
    本事業で開発したシステムや渋滞緩和措置を図った場合には下記のとおりCO2の削減効果がある。
    空コンテナ活用のCO2削減ポテンシャル
    また、最大40%以上の削減率が得られることも計算された。
     
  • (2)削減の手法
    空コンテナの活用によるCO2削減モデル事業:
    輸入貨物を取り出した後に空のまま各港湾地区へ返却されていたコンテナを同地域からの輸出貨物等の輸送に転用してCO2排出量を削減する。
    また、コンテナ拠点にウェブカメラを設置し、道路の混雑渋滞状況をビジュアル化することで渋滞回避を促し、渋滞緩和によるCO2排出削減を図る。
     
  • (3)自己の事業活動に対する課題と評価
    機器とシステムの開発において一定水準の成果物を完成させたものの、短期間での開発で十分な機能テストが行えなかったので、今後の実装着テストで完成度を高めていくこととなる。

団体名

連絡先

  • 千葉事務所:千葉市若葉区若松町977-38 (〒264-0021)
    (本部:東京都江東区東陽1-28-4 天野園ビル5F(〒135-0016))

このページのトップへ