地域協同実施排出抑制対策推進モデル事業

地域協同アイドリングストップ推進事業

事業名

  • 地域協同アイドリングストップ推進事業

事業概要

  • 神奈川県西、県央、横浜等において、地域のバス・トラック・タクシー事業者、地方公共団体及び地球温暖化防止活動推進員等との連携により、駅頭でのパト ロールや啓発、実績チェックによる成果のフィードバックを行いながら、年間を通したアイドリングストップ活動を推進する。そのノウハウをマニュアル化する ことにより、地域主体の連携による運輸部門のCO2削減活動の普及を図る。

報告概要

  • (1)CO2削減の目標設定と実際の削減量
    団体名 /
    / 削減額(円) / 原油換算() / CO2削減(トン)
    神奈川県タクシー協会小田原支部※1
    2300,000 / 38,251 / 104
     杉崎運輸株式会社
    8,219,890 / 117,427 / 318
    箱根登山バス株式会社
    5,474,000 / 78,200 / 212
    富士急湘南バス株式会社
    4,460,320 / 66,576 / 181
    伊豆箱根鉄道株式会社
    737,030 / 10,526 / 28
    合計
    21,191,240 / 310,980 / 843

     ※2004年10月15日〜11月14日の一ヶ月間の成果。
     
  • (2)削減の手法
  • 1、 市民へのキャンペーン活動。駅前で
  • 2、 行政との信頼関係と積極的な働きかけ
  • 3、 運輸事業者の自主的な活動基準とCO2排出削減目標の設定
  • 4、 協働(連携・協調活動)確認アイドリングストップ推進のための4つの行動原則
    •  
  • (3)自己の事業活動に対する課題と評価
  • ・アイドリングストップの水平展開は継続・発展
  • ・高効率車種への転換支援(タクシー・バス・トラック)
  • ・物流部門の効率化への対応(局間郵便物貨物を含む)
  • ・先行課題として、京都メカニズムによる排出権取引視野に入れて協働開発をする

団体名

連絡先

  • 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2(〒221-0835)
  • かながわ県民センター・アジェンダ21かながわ環境情報相談コーナー内

このページのトップへ