省エネ住宅の普及啓発事業

HomeJCCCAについてこれまでの事業内容省エネ住宅の普及啓発事業(10)気づき、学び、実践する、風土を活かした住まいの省エネ

(10)気づき、学び、実践する、風土を活かした住まいの省エネ

実施団体名

特定非営利活動法人環境の杜こうち
(電話番号:088-802-2201)

対象地域

高知県香南市及び周辺市町村

連携した主体

香南市、高知県文化環境部循環型社会推進課、環境省中国四国環境事務所(高松事務所)、(社)高知県建築設計監理協会、木造住宅展示場RKCすまいるパーク、四国電力(株)、四国ガス(株)、(株)フタガミ(ホームセンターマルニ)、のいちふれあいセンター、香南ケーブルテレビ(KCTV)、KUTVテレビ高知

普及啓発活動の概要

(1)“香南市省エネ住宅推進委員会”の設立・運営
事業の進捗状況、実施内容への意見や、様々な立場からのアドバイスをもらうため、“香南市省エネ住宅推進委員会”(構成:環境省中国四国環境事務所、高知県、香南市、四国電力、高知工科大学、野市町連合婦人会、夜須町の環境を守る会、地区住民代表)を設立、計3回、開催した。

(2)“省エネ住宅推進ワーキングチーム”の設立・運営
消費者団体や環境団体の代表者と住民で構成する“省エネ住宅推進ワーキングチーム”(構成:野市町連合婦人会、夜須町の環境を守る会、地区住民代表)を立ち上げ、各段階で具体的な作業に関わり、地域への普及啓発を進めた。

(3)香南市版省エネ住宅マニュアル及びチェックシートの作成
香南市省エネ住宅推進委員会や(社)高知県建築設計監理協会の指導のもと、ワーキングチームとの協働により“香南市版省エネ住宅マニュアル(すまいの省エネハンドブック)”を作成した。また、香南市版省エネ住宅マニュアルをより活用してもらうために、建替え、増改築時に省エネ住宅を考える時の指針となるチェックシートを作成した。

<香南市版省エネ住宅マニュアルの目次構成>
1)地球温暖化と住まいの省エネについて
2)省エネ住宅の説明
3)香南市の住まいの風土紹介
4)省エネ住宅のすすめ
5)省エネ機器の説明と紹介
6)地震対策のすすめと手法、相談窓口

(4)「香南市版省エネ住宅」の普及啓発:その1(“住まいの省エネ講座”の開催)
「香南市版省エネ住宅マニュアル」を副読本に、“楽しく学べる”を基本に、省エネ住宅をより身近に感じてもらう普及啓発講座(全3回=「高知の住まいと環境」、「地震と省エネの住まい」、「省エネ住宅見学会」)及び追加講座(1回=「我が家の省エネ講座&DIY体験」)を開催した。

(5)「香南市版省エネ住宅」の普及啓発:その2(“住まいの省エネアイディア”の収集)
自分の身の回りの暮らしの中でのアイディアを募集した。また、香南市及び高知市の主要なパブリックスペースに展示し、省エネ住宅普及啓発とした。

(6)省エネ住宅普及に関する意識調査の実施
「住まいの省エネ講座」参加者や消費者・市民団体(香南市9団体43組織、高知県内200団体)と香南市全世帯を対象に省エネ住宅に関する意識調査を実施し、普及啓発効果を計る基礎資料とした。
<主な設問項目>
「香南市版省エネ住宅マニュアルの評価」、「認知度」、「関心度」、「省エネ住宅にしたい理由、取り入れたいもの」、「省エネ住宅普及のためにしてほしいこと」など

普及啓発効果

(1)普及啓発効果の測定方法
香南市全世帯、消費者・市民団体アンケートや住まいの省エネ講座受講後のアンケートや関わった方々へのヒアリングなどより普及啓発効果を測定した。 

(2)効果の測定結果
アンケート結果では、「建替え・改築時に省エネ住宅を選択肢に加えたい」と9割が回答しており、省エネ住宅の普及啓発につながった。また、住まいの省エネ対策として、「気候・風土を取り入れたい」との回答が約3割あることがわかった。

結果とまとめ

・身近な住まいの省エネDIY講座への評価が高かった。今後、様々な環境下での実験や参加者体験型での講座を充実することによって、普及啓発効果につながるものと考える。
・一方、省エネ住宅の普及には、コスト面と情報提供のあり方が課題として浮かび上がってきた。省エネ住宅を構成する各種パートについても、コスト面と効果からアプローチして幅広い選択肢を提示することが有効である。このとき、地域の風土と気候を取り入れた省エネ住宅ツールを加味できれば、魅力ある省エネ住宅につながると考える。

新聞記事への掲載状況リスト、関連リンク、その他

平成19年1月14日(日)、KUTVテレビ高知「がんばれ高知!ECO応援団」にて本事業の特集放映
・平成18年10月(1ヶ月間)、こうなんケーブルTVで放映
・高知県環境活動支援センター、高知市市民活動サポートセンターへの掲示、機関紙や電子媒体による広報

このページのトップへ