省エネ家電の普及啓発事業

HomeJCCCAについてこれまでの事業内容省エネ家電の普及啓発事業(11)省エネ「鉄人隊」の省エネ家電普及・診断キャンペーン

(11)省エネ「鉄人隊」の省エネ家電普及・診断キャンペーン

実施団体名

特定非営利活動法人 わかやま環境ネットワーク
(電話番号:073-432-0234)

対象地域

和歌山県全域

連携した主体

和歌山県省エネ家電普及推進協議会(和歌山県・和歌山市・市民団体等で構成)、和歌山県電器商業組合、紀南地域地球温暖化対策協議会、紀北地域温暖化防止活動推進員連絡会、和歌山中央医療生活協同組合、和歌山民主医療機関労働組合、紀州推進員の会、・協力店舗55店、【推進体制】省エネ診断企画委員会の設置

普及啓発活動の概要

(1)和歌山県省エネ家電普及推進協議会の運営実施(H19.7.26)

(2)省エネ診断企画委員会の設置と(H19.7.11〜8.1 3回実施)


(3)省エネ家電診断員の養成研修会実施(平成H19.年8〜12月)
県内4会場で実施し41名が修了。

(4)家電の省エネ診断実施
・「診断キャンペーン」を実施し176件を診断。モニター依頼した。
・キャンペーンの広報活動……「鉄人」へPRポスター配布、「キャンペーン」チラシ5,000部を配布。県内4社の路線バス会社に吊り広告200車両で実施。

(5)家電環境マイスターの新規養成の実施
1) 家電環境マイスター養成講座
県内1箇所で2日間実施。
第一単元(4講義1演習)、第二単元(2講義1演習1補足講義)を実施し、32名が修了した。
2) 家電環境マイスターの認定…講座修了者に認定
試験を実施し、32名を認定。(認定者に認定証・ワッペン・看板を配付した)


 
(6)省エネ家電講座(講演とシンポジウム)の実施
県内2箇所で実施し、計200名の一般参加を得た。

普及啓発効果

(1)普及啓発効果の測定方法
「省エネ家電普及診断プログラム」による診断結果を測定・分析した
モニターの「鉄人レシピ」実践結果を測定(アンケート)・分析した
チャレンジャー(買い換え者)の効果測定(アンケート)を実施した
新規環境マイスターの意識変化調査(アンケート)を実施した
「省エネ家電講座」来場者の意識調査(アンケート)を実施・分析した

(2)効果の測定結果
本事業の普及啓発によるCO2削減量=24t-CO2 

結果とまとめ

(1) 養成研修した41人の「鉄人」により家電の省エネ診断を176件実施した
・受診した家庭には、おしなべて「好評」
・「省エネ家電普及診断プログラム」の活用
・環境マイスターの実力が試ためされた
・面的な省エネ診断は今後の課題
・広報のまずさは反省
(2) 新規に環境マイスターを32名養成し認定した(県内144名に)。
・地球温暖化防止の一翼を担う主体・自覚が広がった
・省エネ家電普及へ、さらに専門的な知識とノウハウを
(3) 副産物を生んだ「省エネ家電講座」・・・・県内2箇所に200名が参加した。
・省エネ診断、推進員の活動・経験が生きた講座になった
・「防止活動」の拠点を地域へ(地域協議会の芽が広がった)
・協働の環をさらに
(4) 省エネ家電普及のシステムづくりは今後の課題
(5) マスコミ、自治体とのさらなる協働は課題

新聞記事への掲載状況リスト、関連リンク、その他

・2007年9月8日付け「『読売新聞』」和歌山版
・2007年11月17日付け「『リビング和歌山』」
・2007年12月25日付け「『読売新聞』」和歌山版
・2008年2月2日付け「『リビング和歌山』」
NPOわかやま環境ネットワークホームページ
wbs和歌山放送(ラジオ)ホームページ
・和歌山県広報ホームページ
 http://wave.pref.wakayama.lg.jp/...php?sid=6743
 http://wave.pref.wakayama.lg.jp/...php?sid=7104

このページのトップへ