省エネ家電の普及啓発事業

HomeJCCCAについてこれまでの事業内容省エネ家電の普及啓発事業(6)購入体験事例集の制作を通した省エネ家電の普及啓発事業

(6)購入体験事例集の制作を通した省エネ家電の普及啓発事業

実施団体名

社団法人環境創造研究センター
(電話番号:052-627-0300)

対象地域

愛知県 全域

連携した主体

【消費者団体】愛知消費者協会(会員数:約2,000)
【業界団体】愛知県電機商業組合(加盟店:約1,400)
【行政】愛知県、名古屋市

普及啓発活動の概要

(1)「省エネ家電を購入してよかった!」事例の収集
省エネ型家電製品の普及啓発資料(購入体験事例集)に掲載する事例を収集するため、愛知消費者協会および愛知県電機商業組合の会員ほかを対象にアンケートを実施した。

(2)電機商業組合・消費者協会によるワークショップ開催
省エネ型家電製品普及の参考となる最新情報に関する講習会を行政・消費者及び販売事業者を講師に招いて連携主体の構成メンバーを対象に開催して買い換え時に省エネ型家電を選択するメリットを学んでいただいた。
この講習会と(1)項の事例収集の結果をインプットに電機商業組合と消費者協会の会員を参加者とする「省エネ型家電製品が選択されるためには何が必要か」をテーマとするワークショップを開催し、省エネ型への買い換え行動を促進する具体的な事例を抽出した。

(3)普及啓発資料の作成及び広報
(2)項のワークショップの結果をインプットに消費者の利益となる「かしこい省エネ型への買い換え行動」の具体的な事例を掲載した普及啓発冊子「買い換えるなら省エネ型家電!」を制作して愛知消費者協会会員及び愛知県電機商業組合加盟店などに配布した。掲載する事例については、愛知消費者協会の評価を受けた。

(4)省エネ家電普及ツールの開発
平成17年度に制作した「省エネ携帯サイト」に家電製品小売店から要望の多かった「冷蔵庫」のサイトを増設するとともに、多段階評価を表示できるようにした。

(5)省エネ家電普及ツールの開発
消費者、家電製品小売店を対象とするアンケートにより、事業の効果測定を行った。

(6)省エネ型家電普及協力店の募集・登録
県内で家電製品を販売する愛知県電機商業組合加盟の小売店などを対象に「省エネ型家電普及協力店」を募集した。

普及啓発効果

(1)普及啓発効果の測定方法
普及啓発資料にアンケートを織り込み、買い換え時に省エネ型家電を選択に関する意識調査を行った。

(2)効果の測定結果
愛知消費者協会、愛知県電機商業組合の会員に対するアンケートの結果、省エネ型家電に対して高い関心があり、今回制作した普及啓発冊子も一定の評価を受けていることがわかった。

結果とまとめ

半年間の活動内容の各項目は、相互に関連し発展する内容としており、各主体の活動のベクトルが完全に一致したとまでは言えないが、参加主体の関心は次第に高まってきている。
また、本事業で制作した普及啓発資料、省エネ家電普及ツール(省エネ携帯サイト)は、全国他地域での利用が可能である。

新聞記事への掲載状況リスト、関連リンク、その他

特記事項なし

このページのトップへ