省エネ家電の普及啓発事業

HomeJCCCAについてこれまでの事業内容省エネ家電の普及啓発事業(5)家電小売店と協働して実施したキャンペーンによる省エネ家電の普及啓発事業

(5)家電小売店と協働して実施したキャンペーンによる省エネ家電の普及啓発事業

実施団体名

財団法人岐阜県公衆衛生検査センター
(電話番号058-247-3105)

対象地域

岐阜県全域

連携した主体

(1) 岐阜県電器商業組合加盟店 145店舗
(2) 岐阜県省エネ家電普及推進実行委員会

岐阜県電器商業組合、岐阜県家電流通協議会、岐阜県生活学校連絡協議会、財団法人岐阜県地域女性団体協議会、NPO法人e-plus生涯学習研究所、環境カウンセラー、岐阜県地球温暖化防止活動推進員、岐阜県地球温暖化防止活動推進センター、岐阜県

普及啓発活動の概要

(1) 平成17年度岐阜県省エネ家電普及推進実行委員会
省エネ型家電製品の普及に向けた具体的な取組内容の検討

(2) セミナーの開催
家電小売店を対象に、県内5箇所で開催
地球温暖化の現状・対策、省エネ情報等の必要な知識の習得

(3) 省エネ家電普及キャンペーン
対象製品:エアコン、テレビ、VTR、冷蔵庫、洗濯機、照明器具、温水洗浄便座
省エネラベルの表示:エアコン及びブラウン管テレビを対象に、対応が可能な店舗について表示
新聞広告の掲載(2回)
参加店にエコワット及びワットアワーメーターの貸出し希望する顧客に貸出すなどにより、家電製品の簡易省エネ診断に活用

普及啓発効果

(1) 普及啓発効果の測定方法
セミナー参加店、省エネ家電購入消費者及びキャンペーン参加店へのアンケート調査
岐阜県地球温暖化防止活動推進員の協力による参加店現地調査

(2) 効果の測定結果
セミナー
内容 「とても良かった」・「良かった」:70%
参加目的 「省エネ家電に興味があった」:55%
参加目的の達成度 「達成できた」・「ほぼ達成できた」:84%
受講内容の販売活動への活用 「できた」:61%

消費者アンケート
商品選びのポイント 「価格」:28%、「性能」:22%、「店員の薦め」:19%、「電気代」:16%
省エネラベル表示 「とても参考になる」・「多少参考になる」:90%

二酸化炭素削減量
省エネ家電購入者対象アンケートの回答262件の合計で11.78kg-CO2/hrの削減
=1世帯当たり平均約23.6%の削減 

結果とまとめ

(1) キャンペーン参加店は、当初計画の150店舗に近い145店舗を確保できました。
(2) 参加店や消費者のアンケート結果から、省エネ家電普及意識の醸成に一定の成果が得られました。
(3) 平成17年度に入ってから立ち上げた事業であることから、連携した各主体の認識、気運を高める上で時間的制約を受け、必ずしも十分な結果は得られませんでした。
(4) 準備期間が短かったため、不十分な部分もありましたが、キャンペーン参加店舗に対しては、地球温暖化防止の視点に立った省エネ家電の普及について、少なからず意識付けができたと考えております。今後、さらに参加店数の拡大とともに広域的な取組みとしての展開を図り、その実効性を高めていきたいと考えております。

成果物

事業報告書(PDF)(ファイルサイズ 1.94MB)PDF 

新聞記事への掲載状況リスト、関連リンク、その他

電波新聞(平成17年10月27日)に記事掲載

このページのトップへ